捨てない大人になりたくて。

30過ぎました。素直さ、恥じらい、向上心…いろいろ捨ててしまいそうになるけれど。

素敵な大人は、「世の中そんなもん」とは決して言わない。

営業事務という一般職の経歴しか持っていない、独身の30才OLが、「転職する」と言い出した。

 

それが去年の私だった。

 

 *

 

その頃、会社は本社移転を前に揺れていた。

新本社が遠く、通勤時間がかかり過ぎて通えない人も多かったため、派遣社員契約社員の人たちはバタバタと辞めさせられたり辞めたりしていた。

 

 

「正社員なんだから、もったいないよ、辞めちゃだめだよ。」

通勤時間が片道30分から2時間になる私は、何も言う前からそう釘を刺されたりした。

 

でも、その助言は裏を返せばこういうことだった。

「あなたでは、今以上にいい仕事は見つからないよ。しがみつく他ないよ。」と。

 

ほとんどの人がそんな感じだった。

 

ただ1人、Kさんを除いて。

 

 

Kさんは私の母と同い年のパートさんだった。

 

育児や大きな病気をされたことで今はパート勤めだけれど、20代~30代にかけては上場企業で総合職として勤めたキャリアウーマンだった。

 

Kさんは芸術や美術が大好きで、海外勤務もしたことがあり、とにかく広い世界を知っている女性だった。

自分の意見をはっきり言う性格で、保守的な女性の多い職場でちょっとだけ浮いていた。

でも私はそんなKさんと話すのが楽しくて仕方がなかった。

 

 

Kさんに相談すると大抵、「大丈夫だって」と言われた。

とにかく「大丈夫」を連発された。

多くの人が「大丈夫なの?」と心配する時、Kさんは「大丈夫!」と言い切った。

そしてその「大丈夫」にはしっかりと重みがあった。

 

何が違うのか?

 

「穏やかな人生なんて、あるわけがないですよ。」スナフキンがワクワクしながら言いました。ー『たのしいムーミン一家』より抜粋

 

Kさんもきっとそう考えていたのだと思う。

 

思い通りになる人生なんてない。でも、だから、やりたいようにやってみればいいと。

 

 

転職活動中は、転職エージェントに登録を断られたこともあったし、意味のわからない理由で選考を落とされもした。

「やっぱり私なんか…」と何度も思った。

でも、最終的には転職を決めることができた。

 

退職の際には、何人かに「転職もいいけど、結婚もしなさいね」と言われた。

転職するのに、「結婚したら教えてね」とだけ言われたりもした。

それを聞いて、Kさんがボソッと言った。

「狭い世界にいると、1つのレールに乗ることだけが正解みたいになっちゃうからね」

 

 

 素敵な大人は、「世の中そんなもん」とは決して言わない。

自分が見ている「世の中」がいかに小さいものかを知っているからだ。

 

世界は広いから、大丈夫。

素敵な大人はきっとそう信じている。